サポート情報:当社製品に関するサポート情報の提供

ここでは、弊社開発のソフトウェア製品に関してよくお寄せいただく質問や、サポート情報、介護保険に関するQ&Aなどを掲載しております。
右の「よくある質問」から該当のカテゴリーをお選びいただくか、検索ボックスに適当なキーワードを入力し、検索してください。

このFAQを見ても解決しなかった場合は、こちらからお問い合わせください。

最近追加・更新された質問

(医療保険)利用者が入院したり、在宅で死亡したりした場合、その月の情報提供書は提出するべきでしょうか?

利用者の死亡、または入院などで在宅に利用者が不在となった時点で、情報提供の必要がなくなる為算定しません

増減点数で給付管理の実績を超えるもので-231単位引かれています。

‘給付管理が間違っていないか確認して下さい。

間違っていない場合は、居宅支援事業所(予防支援事業所)に給付管理票の修正依頼をして下さい。

(医療保険)医療レセプトの特記事項に(介)(支援)に○がついているのですが?

(介)は医療保険算定者で介護認定を受けられている方について○が付きます。

ソフトでの設定では介護保険情報に情報が入っている場合です。

(支援)と上がるのは在宅支援診療所の医師ということを示しています。

ソフトでの設定では医師マスタの在宅支援にチェックが入っている場合です。

(医療保険)特定疾患の特記の書き方を教えてください

21.4月から特定疾患に特記の記載をすることになりました。
特定疾患の受給者証の適用区分の欄が所得区分を示します。
      70歳未満   70歳以上          特記の記載
上位所得者  A       Ⅳ        18上位
一般所得者  B       Ⅲ        17一般
低所得者   C      Ⅰ、Ⅱ       16低所
                       数字だけでも構いません。 

特定疾患と重度障害をお持ちです。公費の優先順位を教えてください

通常は実施者の大きい公費が優先となります
国>県>市区町村となっています。
なお第一公費で利用者負担額が0になる場合は第二公費は載せないようになっています。載せないといけない場合は設定の変更をして下さい。

(介護保険)緊急訪問看護を行っているのですが、深夜夜間早朝の加算は取れますか?

特別管理加算を算定する状態にある者に対する1月以内の2回目以降の緊急時訪問については、早朝・夜間、深夜の訪問看護にかかる加算を算定できます。

利用者負担の計算方法について

【介護保険】
1.総単位数×地域単価=A(小数点以下切捨て )
2.A×0.9(保険給付率)=B(   〃    )
3.A-B=利用者負担分

【医療保険】
1.総額×利用者負担割合=利用者負担分(10円未満四捨五入)
2.総額×保険給付割合=国保若しくは社保請求分

(医療保険)パーキンソン症候群は医療保険ですか?

厚生労働大臣が定める疾病等に含まれないので介護保険での請求となります

(医療保険)重症者管理加算をつけているのに請求書・レセプトに上がらないのはなぜでしょうか?

この加算を算定するには、一月に4日以上の訪問が算定用件となっています。
訪問日数の確認をして下さい

(医療保険)今月は訪問を14日しているのにも関わらず、管理療養費が12日しか挙がってきません

管理療養費は1日目と2日目以降の金額が違い月に12日までしか算定できません。
基本療養費に関しては1日につき〈週4日目以降の訪問は条件有〉算定されます。